アップルの有機EL採用で軟調のLEDバックライト株

アップルでは次世代のスマートフォンから、今の液晶パネルの画面から有機ELパネルの画面へ変更することが明らかになっています。有機ELパネルは素材そのものが光るようになっているため、高精細で見やすくなったり、消費電力が少なくて済む利点が出てきます。有機ELパネルは日本の企業が始めに製品化に成功をしていましたが、有機ELパネルを採用したテレビなどの製品の売れ行きが芳しくなく、既に有機ELの生産から撤退している状況があります。そのため、アップルの新型のスマートフォン用の有機ELパネルは、現在も有機パネルの生産をしている大手の韓国企業に受注が行くとの観測が出ています。現在の日本の企業においては、液晶関連の生産に力を入れているところが多くなっています。とくに液晶画面を映すために必要となるLEDバックライトの生産の増加によって、急速に業績を拡大してきた企業が存在します。ここ数年はLEDバックライトの生産を得意としていた企業の株価は、大幅に上昇する傾向が続いていました。しかし、アップルの次世代のスマートフォンから有機ELが採用されることが明らかとなると、さらに株価が大きく調整をするようになってきます。スマートフォンの画面が有機ELになるとLEDバックライトは必要なくなるため、LEDバックライト関連企業は生産需要が大きく落ちることが予想されているからです。したがって、日本のLEDバックライト関連株は今後も株価が軟調に推移する可能性があり、従来の成長株という見方を改める必要があります。逆に有機ELパネルの生産を得意としている韓国企業は、今後の株価が堅調に推移する可能性があります。すでに韓国企業ではアップルの次世代スマートフォンの有機ELパネル用に、生産ラインを増やす動きが出ています。